風水・陰陽五行説と色の関係とは

ベッドシーツの色、パジャマの色、歯ブラシの色、コップの色、食器の色、洋服の色・・・

朝起きてから目の前にはたくさんの色が溢れています。

ですが、色について普段はそれほど意識することはないかもしれません。

このブログでは「風水と色はどう結びつくのか?」「東西南北・方位におすすめの色」をお伝えします。

最後まで読むと、風水や陰陽五行説と色の関係が理解できるようになります。

風水とは

風水とは、今から約四千年前に中国で発祥した、「気」の力を利用した環境学のこと。

この世に存在するすべてのものには流れがある。と述べています。

そして、「環境が運を決める」というのが、風水の基本的な考え方。

簡単に言うと、衣・食・住、行動で、流れてくる良い気を受け止め悪い気を受け流し、開運していこう!というのが風水です。

いい運がやってくるとはいっても、ただ待っているだけでは開運できません。

何かしらの行動を起こさなければ、何も変わりませんからね。

そこで、「色」を使うんです!

     

風水と陰陽五行説と色の関係

風水では、地上のすべてのものは太陽からパワーをもらって力を発揮すると考えられています。

太陽の光によって現れる「色」は、パワーの象徴です。

「西に黄色いアイテムを置いて金運アップ」など色を意図的に使って、開運効果を高めることができるのです。

風水の基本は「陰陽五行説」にあります。

また漢字ばかりの難しい言葉が出てきた・・・と思っていませんか?

「陰陽五行説」について出来るだけわかりやすく説明するので、ご安心ください。

     

五行思想・陰陽五行説とは

「五行思想」とは、この世の自然界に存在するものはすべて「木・火・土・金・水」の5つの要素に分類される。という考えです。

単に5つの要素というだけでなく、変化の中における5種の、状態、運動、過程という捉え方もされます。

木(もく )
木の花や葉が幹の上を覆っている立木が元となっていて、樹木の成長・発育する様子を表す。
「春」の象徴。

火(か)
光り煇く炎が元となっていて、火のような灼熱の性質を表す。
「夏」の象徴。

土(ど)
植物の芽が地中から発芽する様子が元となっていて、万物を育成・保護する性質を表す。
「季節の変わり目(夏の最終日)」の象徴。

金(きん・ごん)
土中に光り煇く鉱物・金属が元となっていて、金属のように冷徹・堅固・確実な性質を表す。
「秋」の象徴。

水(すい)
泉から涌き出て流れる水が元となっていて、これを命の泉と考え、胎内と霊性を兼ね備える性質を表す。
「冬」の象徴。

      

例えば素材だと「木」は木製、「火」はプラスチック、「土」は陶器、「金」は金属や鉱物、「水」は暗い場所にあるガラス製品、に当てはめられます。

また、五行それぞれの関係には相性があり、

相手を生み出す相性のよい関係を「相生(そうしょう)」

相手の働きを弱める悪い関係を「相剋(そうこく)」

といいます。

   

「相生」「相剋」は色を使う上で結構大事なポイントですので、覚えておいてソンはありません。

    

 

   

「陰陽五行説」とは、「五行思想」の5つの要素それぞれ「陰・陽」どちらかの性質を持つ。という考えです。

「陰・陽」はお互いに相反する存在、例えば「陰」は女、月、夜などを表し、「陽」は男、太陽、昼などを表します。

対立するのではなくお互いが補い合い支えあっている存在です。

   

五行と色

五行と色の関係を理解できたら、どの方位にどの色を置けばよいのか?ということも自分でわかるようになります。

五行に対応する色と方位について説明していきますね。

まず、五行に対応する色は正色と間色があり、以下のように言われています。

     

正色(せいしょく)・・・高貴な色

間色(かんしょく)・・・卑しい色

     

【正色】

  • 木→青
  • 火→赤
  • 土→黄
  • 金→白
  • 水→黒

     

【間色】

  • 木→縹(はなだ)藍だけで染められる、薄い藍色
  • 火→紫
  • 土→緑
  • 金→紅
  • 水→黄土 黒と黄色の混ざった色

     

【方位】

  • 木→東
  • 火→南
  • 土→中央
  • 金→西
  • 水→北

  

この関係を風水で家の中に適応すると、東のエリアには木の正色「青」と、相生で木を生み出す水の色「黒」を使うと、五行の働きが増して運気アップすると考えられます。

一方、東のエリアに木の間色「縹」と、相剋で木を切り倒す金の色「白」を使うことは避けなければいけません。

前述した「西に黄色いアイテムを置くといい」というのも、相生の関係で西をパワーアップさせるのは土の黄色だから、ということになります。

     

五行対応表

方位、色、味・・・あらゆるものに五行が対応しています。

代表的なものを表にまとめました。参考にしてみてくださいね。

  

五行
五色青(緑)紅(赤)玄(黒)
五方中央西
五時土曜
五星木星火星土星金星水星
五味鹹(塩辛さ)
五臓肝臓心臓脾臓腎臓
五腑小腸大腸膀胱
五情思う
五塵色(視覚)触(触覚)味(味覚)香(嗅覚)声(聴覚)
五獣青龍朱雀麒麟白虎玄武
五徳